Original

アイスコーヒーで夏を乗り越えよう!



今年は平年より早く梅雨が明けうだるような暑さが続きそうですね、

この夏はアイスコーヒーを飲むことによりコーヒーポリフェノールを積極的にとって夏を乗り切ってみませんか

コーヒーのポリフェノールはアイスでもホットでも効果は変わりません。



コーヒーポリフェノールについて

コーヒー1杯<約140cc>には約280mgのポリフェノールが含まれています。コーヒーのポリフェノールは複数有りますが、それらの相互作用によるコーヒーならではの健康効果も期待されるのがカフェイン、カテキン、クロロゲン酸になります。

◇カフェイン

眠気冷ましなどの興奮作用、尿の排出を促す利尿作用などの効果が知られています。カフェインには、「集中力をアップし、計算能力を高める」「運動能力を向上させる」という研究結果が出ています。

◇カテキン

緑茶に含まれていることで有名ですが、強力な抗酸化活性を示すポリフェノールの一種で、体内の活性酸素を中和する働きがあります。

◇クロロゲン酸

クロロゲン酸には、糖の利用を遅らせる効果や、褐色脂肪細胞を活性化して体脂肪の燃焼を促進する効果があります。





コーヒーを取ることにより期待できる効果

1、二日酔い対策として

二日酔いによる頭痛などの症状を和らげることができます。体内で分解しきれなかったアルコールが「アセトアルデヒド」という物質を発生させて、血管が拡張されることで神経を刺激し頭痛が起きます。カフェインには血管収縮作用があるので、この頭痛を抑える効果があるといわれています。
またカフェインには利尿作用があるので、毒素であるアセトアルデヒドを早く排出することができ、二日酔いの早い改善に役立ちます。





2、リラックス作用


コーヒーの香りは右脳にα波を多く発生させて、気分をリラックスさせるという研究結果が出ています。α波の効果としては、体と脳のリラックスやストレスの沈静化、脳の活性化などが挙げられます。




3.肝機能対策として


クロロゲン酸には抗酸化作用があり、老化やがんの原因となりうる「過酸化脂質」や「活性酸素」の発生を抑える働きをします。活性酸素の除去により、肝機能の低下を防いでくれるのです。




4.ダイエット対策

カフェインは「自律神経の働きを高める」ので、コーヒーを飲むと体脂肪の燃焼が促進するのではないかと、そのダイエット効果に期待が寄せられています。




5.熱中症対策


アイスコーヒーでもコーヒーの効能の恩恵は受けられます。冷たいアイスコーヒーは体温の上昇も抑え、水分補給にもなりますので、熱中症や夏バテの予防になります。




レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーで効果の違いは

インスタントコーヒーは、豆からの抽出液を凝縮・乾燥させ、粉末状にした嗜好品です。ストレートに抽出しているレギュラーコーヒーの方が、インスタントコーヒーに比べ良質な成分を含んでいると思われがちですが、実際の成分は実はあまり変わりません。




カップ式自販機で手軽にコーヒーの効果をとりましょう

カップ式自販機なら気軽に入れたてのレギュラー、インスタントのアイスコーヒーを購入することができます。

もちろんホットコーヒーも選ぶこともできますのでお好みに合わせコーヒー効果を取り入れて

いきましょう。