catch-img

令和の時代もコーヒーと共に

日に日に寒くなり年末に向け一大イベントのクリスマスも近づいてきましたね。
温かい飲み物が恋しい季節ではないでしょうか! 
厚着をしても寒い・・・温かいコーヒーで身体の芯から冷えた身体を温めましょう。
また、室内で過ごしている方は暖房で室内が暑く、空気が乾燥していませんか? 
そんな時にはアイスコーヒーでのどを潤し、頭と身体の熱を冷ますのもいいですね。


2019年、元号が令和になり12月を迎え、最初の年が終えようとしています。
令和元年いかがでしたでしょうか。
令和2年、2020年にはついに東京オリンピックも開催されますね。
様々なことがあると思いますが令和の年もコーヒーと共に過ごしていきましょう。


寒い冬でもアイスコーヒーが人気

冬になると寒いため、ホットコーヒーを飲む人が多数ではないでしょうか? 
しかし実は、冬でもアイスコーヒーが人気なのです。
なぜかといいますと、冬は味覚感度が下がり、味を感知するために濃い味を好むようになるといわれているからです。
味覚感度が下がる理由は口の中の感想が原因ではないかと考えられています。
その為、アイスコーヒーの方が味が濃いためアイスコーヒーを好む人も多いとのことです。
この機会にぜひ濃いめのコーヒーを味わってみてください。



冬のホットコーヒーの飲み方

コーヒーに含まれるカフェインには、身体の代謝能力を上げ、体温を上げやすくしてくれる働きが
あります。そのカフェインには利尿作用があり、利尿作用が働くことで身体の中にある水分が身体
の外へ排出されます。尿は身体の中に蓄えられている時、体温に近い温度で温められており、外の
寒さや飲み物で冷えることから急激に体温が下がらないように調節する役目をしているそうです。その為、体外に排出されると体温が下がることを調節できなくなり、寒さや冷えによって急激に体
温が下がってしまうのです。

しかし1~2杯ほどであればそれほど利尿作用の影響はありません。そして、カフェインの効果で代謝能力を上げ、体温を上げてくれますので寒さ対策に良好です。
なので、効果的に身体を温めるには一度にたくさん飲まず、少し時間を空けながら飲むことがオススメです。コーヒー効果を最大限発揮させて温まりましょう。



寒いクリスマス、温かいコーヒーを飲みながらイルミネーション観賞などしてみてはいかがでしょ
うか。体も気分も温まるかと思います。
温かい服装で温かいコーヒーを片手に温かい時間をお過ごしください。


r_okapi

r_okapi